セミナーレポート
カテゴリー別アーカイブ『成長の三要素セミナー』


2日間にわたり、
成長の3要素の中の「ビジネスモデル」と「マーケティング」について詳しくお伝えしました。

━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ │開催概要
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2012年3月13日 成長の3要素セミナー ビジネスモデル・マーケティング編
12:30~18:30

2012年3月14日 マーケティング実践制作セミナーチラシ編【東京】
12:30~18:30

━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  │集計結果
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. セミナー内容について (アンケート対象回答者数:40名)


アンケート集計.png

大変良かった 38名
良かった 1名
普通 0名
未記入 1名

━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   成長の三要素セミナーを受講して気付いた事、すぐ取り組む事 
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌─────────────────────┐
     組織作りについて           
└─────────────────────┘

◆気付いたこと
・上に立つ者としての部下への対応の仕方、又仕事の進め方の様々な方法等学んで初めて自分の現実に気付きました
・1年ぶりに参加しましたが、セミナーが進化していたことに驚きました 
・部下の育て方にも方法があって、それを実行してこそ会社全体が良くなる事に気付きました
・間違った方法では育たない、会社が良くならない事に気付きました
・なかなか組織作りが上手く出来ないのは、自己重要感の表現に原因があったことに気付きました。与によって生じ、求によって減す、真に因果応報と痛感しました

◆すぐ取り組むこと
・「何故」「どうして」「目的は?」の全体ルール
・経営理念をスタッフに伝える、またそれにのっとった働きをする為のシステム作りを考える
・管理者としての部下・上司への対応の見直し
・スタッフ全員から知恵を集める為に、ミーティングを行う事
・全体、全員で組立書を作る
・言葉の大切さ、「笑顔」「挨拶」「話しかけ」の重要性を社員に伝え、理解してもらう
・部下全員への声かけによる連帯感作り
・上に立つ者として、又、プロとして自分の仕事のやり方を考える
・「聞け!」ではなく聞くことを実践していきます
・人の悪口は言わない、言わせない組織を作る
・まずは自分の不足している部分を上司と話し合う事


┌─────────────────────┐
    ものの見方・考え方について            
└─────────────────────┘

◆気付いたこと
・上に立ってから、一歩前ではなく、一歩引いて(壁を作っていた)部下と接していた気がします。褒める、挨拶するにしても、深い部分で接することが出来ていたか、自分からの一方通行ではなかったか、考える機会になりました
・目的思考やコミュニケーションギャップについては、思った以上に自分の理解と違うと思いました
・現時点の自分を見つめ直すと不足している部分が沢山あると実感しました
・自分自身の成長が止まっていたと実感しました

◆すぐ取り組むこと
・成長への5ステップは、まず自分自身で実行しながら若い社員教育に生かしてみたい 
・物事を教える時、指示する時の心得として、目的を必ず理解してもらうようにする。必ず聞いてしゃべらせる事。
・上司として品格を持つ
・コミュニケーションギャップを理解しながら指導を行うよう心掛ける
・自己重要感を人に与える事に重点を置き行動する


┌───────────────────┐
   ビジネスモデルについて           
└───────────────────┘

◆気付いたこと
・自社のビジネスモデルの認識の甘さ、全社員(P・A含む)への共有が全然出来ていなかった
・社員が頑張ればお店が良くなるのではなく、全従業員が一丸とならなくては会社も人も成長出来ないという事
・ターゲット客層が絞れていない、商品としての価値を伝えきれていない
・経営者として、自分がまず何をするべきか明確になりました

◆すぐ取り組むこと
・ピークタイム、繁忙期に出来ていない事をしっかりチェックする
・優先順位をつけてアイドルタイムに練習する
・自分たちが何で選ばれているか、会社に戻って皆で考えます
・店のQHACがターゲット客層に合っているか、再度検証してみます 
・他社に負けない感動レベルの取組を考え、行動する


┌───────────────────┐
  マーケティングについて          
└───────────────────┘

◆気付いたこと
・マーケットが縮小するという事は漠然と感じていましたが、実感となりました
・マーケティングの理論が理解出来ました

◆すぐ取り組むこと
・マーケティング絞り込みと販促年間計画立て
・昨年対比が下回っている原因追及
・実情の把握と固定客を逃がさない為の販促計画の確認
・やみくもに手を打つのではなく、何故やるのかを踏まえ5つの段階で戦略的に手を打っていく


┌───────────────────┐
   研修を受けての感想           
└───────────────────┘

・能力の5ステップや習慣化させる為のやり方は、非常に自分のこれからのためになると感じました
・上に立つ者としての心構えについて知る事が出来、実践して行きたいと思います
・今やらなければならない事、どうやってやるかの指針が立ったセミナーでした


━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    マーケティング実践制作セミナーを受講して気付いた事 
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・売れるには理論とルールがあるという事
・ラフの大切さに気付きました。ラフが出来ても、その通りにはいかないので何度も見直す事が大切
・マーケティングの流れに沿って、ターゲットに向けた売れるチラシが作れるよう挑戦していくことが必要だと感じます
・計画の大切さ。計画の段階で、どこまでゴールのイメージが出来ているかで結果の良し悪しが決まると感じました
・誰に何を、どう伝えたいのか、という事をハッキリさせる大切さを学びました
・「成長の三要素セミナー ビジネスモデル・マーケティング編」と「マーケティング実践制作セミナー編」のどちらも出た事で、より理解が深まりました 
・普段、何気なくやっている事でも、やはり理論がある事。ただやみくもにやらず、捉え方、伝え方を考えなくてはいけないと感じました
・何を伝えたいか、しっかりと考えを持っていないと誰であれ伝わらないし売れないという事

マーケセミナー01.JPG

マーケセミナー02.JPG


┌───────────────────┐
   研修を受けての感想           
└───────────────────┘

・すごくメリハリのある内容で、理解がしやすかったです
・売上を上げる為に必要な事、理由を学びました。店舗に戻ってからしっかり取組、習慣化させたいと思います
・理論が分かった上で実際にチラシが作れた事で、今後に活かせそうです 
・作成して気付いた事が沢山あり、勉強になりました
・自分自身の理解を深め、社員、P/Aに伝える事こそが一番の課題だと感じています
・本当に伝えたい事は、シンプルかつインパクトを持って見やすくしなくてはならない事を学びました
<今後もっと詳しく聞いてみたい事柄、等>
・同じ店でも場所によって戦略が違うと思います。その土地にあった戦略を具体的に伺いたい
・「計画」の重要性、知識(POP・ポスター・チラシ・黒板)
・キャプチャーについて

DSC01352.JPG

DSC01356.JPG


▼1、セミナー内容について

enq100908_01.gif


▼2、セミナーで具体的に良かった点をお教えください


<ものの見方、考え方>
●出口のイメージを明確に持ち、現状を知り、戦略をもってギャップを埋めることが重要だということが分かった。
●出口を見つけ出して、スタッフと現状を確認しあい、全てを理解してから行動を始める。
●理解できないスタッフが悪いと決めつけていたが、自分の伝え方が悪く問題があるので、反省しなくてはならない。
●コミュニケーションギャップがあること。
●会社という組織の中で、自分がやらなければならないことが見つかった。
●目的思考が足りなく、自分自身、相手に対する接し方にも問題があった。
●自身の訴求力を高めていかなければならない。

⇒すぐ取り組むこと ◆自分の伝えたいことを相手にしゃべらせて、相手の理解度を確認する。 ◆常に3ステップを頭に入れて仕事に取り組んでいきます ◆組織に対しての意思の統一。出口を見せる ◆仕事を始める前に仕事の出口を確認して、仕事に取り組みます ◆幹部や社員で正しい知識の共有化。 ◆朝に一日の仕事の組み立てをする。 ◆目的の明確化、特に「出口のイメージ」を具体的に分かりやすく「伝える」努力をします。 ◆プロとして、深い知識をさらに探求していきます。


<組織作り>
●経営理念が商品、サービスに反映され、それがお客様に受け入れられて、会社が成長するということ。
●タテとヨコの連帯感の重要性
●スタッフが一丸となり、楽しく仕事ができる工夫が大切だということ。
●成長=全員の知恵の総和である利益の伴った知恵の総和であるということ

⇒すぐ取り組むこと ◆ポジティブミーティングやマインドマップの導入。会社全体図、営業日報、議事録に取り入れていきます。 ◆組織としての人材育成、組織で取り組む目的を明確にする必要がある必要を感じました。 ◆数値について正しい理解ができるようにしたい。


<言葉の大切さを知る>

●言葉一つで会社、そして組織が変化ということ。
●ありがとうの大切さ。
●まず、自分が変わらなければならない。
●言葉や笑顔など、何気ないところから相手の様子が分かるということ。

⇒すぐ取り組むこと ◆スタッフを「さん」付けで呼ぶ。 ◆まずは、家庭での「ありがとう」から始めたいと思います。 ◆挨拶の徹底。特に、感謝の気持ちをもって「ありがとう」が言える社内の雰囲気作りを行っていきたいです。 ◆人に対して、感謝の気持ちは忘れない。 ◆プラスな言葉でどんな人にも接する。 ◆誰に対しても、親切・丁寧な対応をとる。


<人間を知る>
●人を育てるとは、部下に「なぜ」「どうして」を伝えたうえで、変化を見てあげること。
●笑顔は自分で作るもの、人に与えるもの。
●気づいたときから、すぐに始める。
●上に立つということは、見本になるということ。
●自己重要度の大切さが分かった。自分には少しハードルが高そうだと感じた。でも、相手も人間。思いやりをもって接しなければならない。

⇒すぐ取り組むこと ◆いつも明るく元気よく! ◆感情の起伏を表さない。 ◆立場とは関係なく、部下(年下)にしっかり物事を教えてあげる。 ◆部下に毎日話しかける。褒める。 ◆スタッフとのコミュニケーションを、AUTOであったり、「笑顔」「あいさつ」「話しかけ」を自店に戻ったら実践していきます。 ◆「自己重要感を人に与える」ことを今日から始めます。


<ビジネスモデル>
●ターゲットをはっきりさせなければ選ばれない。今まで、ターゲットやビジネスモデルの意識をしていなかった。
●ビジネスモデルやコアターゲットの再確認が必要だと感じた。
●ビジネスモデルは採用モデルにもあてはまる。
●自店でも、ターゲット客層、そしてそれに伴ったQSCは決めているが、それが適切なのか、疑問に感じた。

⇒すぐ取り組むこと ◆自社の商品展開を見直し、ターゲットとなるお客様にあった商品の開発。 ◆ビジネスモデルを明確にしてから取り組む。 ◆社長を交え社員で集まり、もう一度ターゲット客層の見直しをし、それに伴ったQSCを決め、土台であるビジネスモデルをしっかりするように提案したい。 ◆選ばれるコンセプトの整理をしなければならない。


<マーケティング>

●集客の大切さを再確認した。
●お客様は情報があるところに流れるので、発信する内容とその継続が大事であること
●現在、通販、店舗イベントチラシは価格訴求のみで、ターゲットにうまく伝わっていない気がする。
●チラシやホームページの広告には、きちんと出口を決めて組み立てていくことが大切。
●マーケティングの仕組みが具体的に理解できた。

⇒すぐ取り組むこと ◆ターゲットにあったチラシ・ホームページの作成と見直し。 ◆継続的集客から顧客化までの仕組みづくりと、それを実践できる組織作りに取り組みます。 ◆お客様への事後の電話を積極的に行いたい。 ◆組織としてマーケティングに取り組まなければならない。 ◆常連やリピーターを増やしたい。


<感想・その他>
◆会社の幹部として、やらなければならないことが山積みしています。今日のセミナーの内容を実践して、プロジェクトを一つ一つ出口から紐解き、成功させたいと思います。
◆大手の管理職から、今の会社に転職してきましたが、セミナーを聞いて目から鱗でした。人が組織を支えていますが、その人間と接する方法を自分も間違っていました。忘れていたことや、やらなくてならないこと。まだまだ勉強しなくてはなりません。
◆自分の中で考えていたことを改めて確認をすることが出来たり、自分の中の甘えも見えてきたように思います。ありがとうございました。
◆今、プレッシャーだけ感じていて、行動が伴わないと思ったが、また先が見えてきた。
◆自分がいかに行動していなかったか気づいた。
◆正しい知識をきちんと理解し、体験し、色々な人に伝えたいです。
◆組織作りの重要性を改めて感じました。会社がこれからもっと成長していくために。全社員、スタッフを含め、知恵を出し合い、利益を伴った売り上げを継続していけるよう、取り組んでいきたいです。
◆今まで受けた、どのセミナーよりも良かった。
◆自分の考えに行き詰まったところだったので、今日の研修を受けて、そのモヤモヤがとれた感じがしました。大変わか りやすく、今までのほかの研修とは違い、頭にすんなり入っていき、また新たな気持ちで仕事に取り組めそうです。
◆現在取り組んでいる「成長の為の3要素」をもっと強く入り込み、組織として全員で取り組みます。
◆2年後に社長に就任するにあたり、自己の品格を高める必要があると感じました。部下を育て、組織で取り組み、お客様にとって良い会社にしていきます。近藤様の、会社を絶対に潰さないという想いを初めて知りました。今後ともよろしくお願い致します。
◆改めて、一つ一つの意見を正しく理解し行動していくことの大切さ。そして、全員で取り組むことが、会社の発展につながることを再認識しました。定期的に再受講していきます。
◆会社の人の顔が浮かんでくるぐらい、自分だけではなく、他の人とうまくいっていない原因が分かった。
◆ヒントが見つかった!!とにかくやってみようと思います。
◆自分を見直すきっかけとなった。
◆このセミナーを生かして部下に接していくことにより、強い組織を作っていこうと決心した。
◆今、自分の抱いている問題の答えの多くをご説明いただき、気づいた点、取り入れるべき点が多くありました。
◆近藤先生のお話を聞いて、これまで知識として知ってはいたが、実際には取り組んでいなかったことの中に、大切なことがたくさんあるということに気付かされました。今回の研修で気付いたことを、日々の仕事、そして人生でも活かしていく努力をしていきたいと思います。
◆現状を認識できたのが、一番の収穫です。2回目の受講ですが、まだまだやることがあり、忘れてしまった内容がたくさんありました。今までやってきたことを更にクオリティを高め、取り組めなかったことをやることで、お店は必ず良くなると確信しました。
◆セミナーを受け、全部自分のものにしたいと思うと同時に、スタッフにも伝えたいことがたくさんありました。2回目のセミナー受講ですが、2回目でも更にそう思えたので、自分自身を成長させることができるなぁと思っています。前回の受講から何年か経ち、新しく入ったスタッフに伝えていないことが沢山ありました。また、一からのスタートです。


▼3、次回のセミナーにまた参加したいと思いますか?

enq100908_03.gif


▼4、次回はだれと一緒に参加したいと思いますか?
●社長 6件
●社員 16件
●幹部社員・幹部候補 14件
●新入社員 1件
●部下 2件
●親族 2件
●今回参加したメンバー 1件
●上司 2件
●パートナー企業 1件


▼5、次回は何をもっと学びたいですか?

●組織作り
●全員で取り組むということ
●ビジネスについて
●ビジネスモデル
●成長の3要素
●数字にもっと強くなる方法
●人との関わりについてり
●マーケティングり
●人のまとめ方り
●指導方法り
●上司とはり
●部下育成
●話し方・伝え方り
●苦手意識の克服り
●定期的に自分を見直す方法り
●人間を知るり
●人間力り
●人間関係り
●自己中心的な人との接し方

  1  2  3  

セミナーレポートトップへ戻る

最新レポート

カテゴリー

開催年月

マーケット縮小の時代でも社員の知恵を思い切り活用すればまだまだ伸びる! 近藤浩三の書籍紹介

最新情報


成長支援グループ セミナー情報総合サイト on Facebook

人気セミナーランキング

URL NOT FOUND

近藤浩三のブログ
このページの先頭へ戻る