セミナーレポート
カテゴリー別アーカイブ『成長の三要素セミナー』


2018年1月25日(木)近藤浩三の「絶対!増収増益セミナー」を開催いたしました。
お集まりいただいたお客様、誠にありがとうございます。

IMG_2958web.jpg
マーケットが縮小していく中で、会社が成長を続けるために取り組まなくてはならないことについてお伝えいたしました。

■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■


    セミナー内容    


■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■

◆2018年に取り組むべき3つのテーマ

(1)人を大切にする会社へ

労務改善、業務改善、人事評価制度を三位一体で!
①労務改善
長時間労働を廃止して人を定着へ
②業務改善
やらないことを決め、生産性アップ
③人事評価制度
賃金だけを決めるものではなく、人を育てて業績を
あげる制度への転換

(2)インフラの転換期に適応した人・組織づくり

機械化や自動化に投資をして働く人の負担を減らす!
機械が持ち合わせていない考える力、組み立てる力、伝える力の強化!
自律した人・自律した組織へ


(3)グローバル化の対応

「外国人労働者」の集客、採用、教育を考える!
集客/SNS、インターネットの活用
採用/時給を日本人と合わせ、優秀な人材を集める
教育/伝える力をつけることに重点を置く、
    日本のルールやマナー、自社の経営理念に
    沿ったものに⇒道徳心(人として)


◆マーケット縮小時代の成長の三要素経営へ

成長の三要素経営では、
組織づくり、ビジネスモデル、マーケティングを数値で裏付けます。


◆マネジメントサイクル
みんなで取り組み、結果を出すためにPDCAをまわす!
Plan(計画):計画段階でみんなを巻き込み、計画を可視化
Do(実行):進捗を可視化して確認
Check(確認、コミュニケーション):どうすれば良くなるかの振返り
Action(改善):振返りの結果を次の取組みへ


■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■


     気づき


■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■

みんなを巻き込むやり方が大切ということがわかりました。
「これは自分がやればいい」と、線を引いてしまっていた。もっと皆に投げかけ、一緒にやることが大切だと思った。(その他サービス業/幹部/東京都)



◇「巻き込む」という流れが出来ていません。特に経営幹部メンバーに対して、話し合うことが出来ていません。合う、合わないなど感情だけで動いてしまい、否定や反論に対しての説明が面倒になってしまっています。 (小売業/幹部/東京都)



◇PDCAサイクルの(上手な)活用と理解に気付きました。C(チェック、コミュニケーション)の重要さと、皆を巻き込んで「皆で作る仕組み」の話には「ハッ」とさせられました。(情報・通信業/幹部/東京都)



◇昨年からグループコンサルティング、人事評価制度、中期経営計画と取り組ませてもらっています。2020年までの3年間、やり続けることを強く感じさせられました。(通関業/専務取締役/東京都)


■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■


     感想


■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■


企業経営の全体像がわかった。細かい要素ごとに体系化されていたので、わかりやすかった。
(飲食業/後継者/鳥取県)



◇経営理念を真剣に考えること、幹部と真剣に話し合うことを優先的に取り組みたいと思います。(製造業/代表/大阪府)



今年から2020年までにすぐ実践すべきは「人を育てられる会社」!全社的に考えなければいけないと思いました。(その他サービス/管理職/東京都)



◇今会社にいる人たちに気に入ってもらえるような職場づくりをしていきます!経営理念の刷新、浸透、業務改善、評価など、最近色々な仕組みづくりを考えて実行してくださって感謝しています。(その他サービス業/ 管理職/東京都)



わかっているつもりで、出来ていないことが多かったです。色々と未熟な点をカバーしてもらっている方々もいらっしゃるのですが、自分本位で頑固に仕事をしていたようにも思います。できないことを助けてもらうよう、心がけていきます。(飲食業/後継者/鳥取県)



経営理念をとても大切にしているのは知っているが、その上で自分がどうなりたい、どうしていきたいかをきちんと考え、明確にすることが大切だと感じた。(飲食業/後継者/鳥取県)


■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■


     次回開催のご案内


■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■


「経営理念構築 運用と定着セミナー」


経営とは、経営者の想いの実現=経営理念の実現とも言えます。
"経営理念をみんなが現場で実践する"これこそが増収増益企業の第1歩です!
経営理念は「構築3割、運用と定着7割」と言われるほど、作ってからの取組が重要です。当セミナーでは、経営理念の正しい構築の仕方から、実践を促進する運用と定着についてわかりやすく解説いたします。


開催日時:2018年2月19日(月)  14:00~17:00
     ※受付は30分前より開始いたします。

場所 :成長支援コンサルティング(株) セミナールーム
    〒101-0064 東京都千代田区神田猿楽町2-6-10 Daiwa猿楽町ビル1F

    JR総武線 「水道橋」駅下車、東口出口より徒歩6分
    東京メトロ半蔵門線/都営三田線/都営新宿線
    「神保町駅」駅下車、A5出口より徒歩7分
    都営三田線 「水道橋」駅下車、A1出口より徒歩7分

参加費 :5,000円(税込 5,400円)


近藤浩三の『経営理念構築 運用と定着セミナー』詳細ページはこちら

5月12日(金)は第6期増収増益実践勉強会(グループコンサルティング)の7回目の講義でした。

増収増益実践勉強会(グループコンサルティング)とは、1年間(全10回)で
近藤より組織づくり、ビジネスモデルの構築、マーケティング手法における具体的な実践方法をお伝えしているセミナーです。1期生の御殿場開催から始まり、現在では6期生まで実施しております。

目的は「成長の三要素経営で自律し、増収増益の継続企業になる」
出口は「人が育ち人が集まる会社になる」として実施しております。

様々な会社が合同で実施することで、「うちの会社はこういうところがまだ足りていないな」「うちの会社はこういうところは強いな」等、他社の取組みを見てたくさんの気付きを得ることが出来ます。

第7講の内容は、「ビジネスモデル・マーケティングの3回目」です。
前半の1つ目は前回より実施している「ものの見方・考え方」や「道徳心」、「経営理念の運用」等継続的に取り組む内容について、各社に発表をして頂きました。

1705写真1.jpg

みんなの前で取組内容を説明することで、相手に伝わるようにより具体的に考えるようになり、伝える力が強くなります。また人前で発表したことで、わかっているつもりになっている事など様々な気付きを得られておりました。

実際に前回付けて頂いた点数から下がっている方もいらっしゃいました。まずは自ら継続して取り組み、部下へ教えていくことの重要性を改めて説明させて頂きました。
その中で「失敗する原因の3つ」、「売上が低下する原因の3つ」、「成長しない管理者の原因の3つ」についてご説明させて頂きました。

午前の2つ目は前回お話した会議の進め方について、取り組み内容を発表頂きました。
1705写真2.jpg

会議はただ実施してしまうと時間長くかかってしまったり、無駄な会議が増えてしまったりしてしまいます。会議は「決めて行動する」為に、準備をもってすることが重要です。
実際に取り組んで頂いた結果、「以前より濃密な会議をすることが出来た」などの発表がありました。


午後からはビジネスモデル・マーケティングの内容でBtoB、BtoCビジネスに分かれて講義しました。
BtoBの方はビジネスモデルの安心(当たり前)レベルについて講義を行い、実際に各社の安心(当たり前)レベルについて話し合って頂きました。
1705写真3.jpg

ビジネスモデル(マーケット・ターゲットから何をもって選ばれているか)を社員全員が正しく理解し、実践していく為にはビジネスモデルをどの基準で実践するかを決めることが重要です。
各社毎に「自社のビジネスモデルのQSBにおいて、何で選ばれているかの基準」に
ついてディスカッションをして頂きました。
基準の社員を決めて、その社員がやっている仕事のやり方を可視化することで他社員が育ち、売上が上がっていきます。


BtoCでは、前回作成していただいたビジネスモデルを「現場で実現するための取り組み」についてディスカッションを行いました。やることを具体的にし、期日や担当者を決めて1枚の組立書にまとめていただきます。組立書を作成すると、やるべきことを可視化して共有できるため、みんなで取り組むことができます。


■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■


     感想・気づき


■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■

◆会社が決めた人材の基準を選出し数値化することをすぐに取り組もうと感じました。(器機保守業/東京都)

◆改めて失敗する原因を知り、業務的に専門知識が必要であるのに部下に対して確認もせず業務をさせて失敗していたことがあったと気付きました。(内装工事業/東京都)

◆お客様に対しては持っている想いを、社員間では持てないときが自分含めて社内にあると感じました。(広告業/東京都)

◆お客様・従業員への想い、経営理念を浸透させる想い等、想いを強く持つことが大事であると感じました。(コンサルティング業/東京都)

◆当たり前レベルを一つの基準にすることで、全体のレベルが細分化出来そうだと感じました。目からウロコでした。(広告業/東京都)

◆前回教わった会議のやり方を実践してみて、時間の短縮・内容の濃い会議になった。(広告業/東京都)


2日間にわたり、
成長の3要素の中の「ビジネスモデル」と「マーケティング」について詳しくお伝えしました。

━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ │開催概要
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2012年3月13日 成長の3要素セミナー ビジネスモデル・マーケティング編
12:30~18:30

2012年3月14日 マーケティング実践制作セミナーチラシ編【東京】
12:30~18:30

━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  │集計結果
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. セミナー内容について (アンケート対象回答者数:40名)


アンケート集計.png

大変良かった 38名
良かった 1名
普通 0名
未記入 1名

━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   成長の三要素セミナーを受講して気付いた事、すぐ取り組む事 
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌─────────────────────┐
     組織作りについて           
└─────────────────────┘

◆気付いたこと
・上に立つ者としての部下への対応の仕方、又仕事の進め方の様々な方法等学んで初めて自分の現実に気付きました
・1年ぶりに参加しましたが、セミナーが進化していたことに驚きました 
・部下の育て方にも方法があって、それを実行してこそ会社全体が良くなる事に気付きました
・間違った方法では育たない、会社が良くならない事に気付きました
・なかなか組織作りが上手く出来ないのは、自己重要感の表現に原因があったことに気付きました。与によって生じ、求によって減す、真に因果応報と痛感しました

◆すぐ取り組むこと
・「何故」「どうして」「目的は?」の全体ルール
・経営理念をスタッフに伝える、またそれにのっとった働きをする為のシステム作りを考える
・管理者としての部下・上司への対応の見直し
・スタッフ全員から知恵を集める為に、ミーティングを行う事
・全体、全員で組立書を作る
・言葉の大切さ、「笑顔」「挨拶」「話しかけ」の重要性を社員に伝え、理解してもらう
・部下全員への声かけによる連帯感作り
・上に立つ者として、又、プロとして自分の仕事のやり方を考える
・「聞け!」ではなく聞くことを実践していきます
・人の悪口は言わない、言わせない組織を作る
・まずは自分の不足している部分を上司と話し合う事


┌─────────────────────┐
    ものの見方・考え方について            
└─────────────────────┘

◆気付いたこと
・上に立ってから、一歩前ではなく、一歩引いて(壁を作っていた)部下と接していた気がします。褒める、挨拶するにしても、深い部分で接することが出来ていたか、自分からの一方通行ではなかったか、考える機会になりました
・目的思考やコミュニケーションギャップについては、思った以上に自分の理解と違うと思いました
・現時点の自分を見つめ直すと不足している部分が沢山あると実感しました
・自分自身の成長が止まっていたと実感しました

◆すぐ取り組むこと
・成長への5ステップは、まず自分自身で実行しながら若い社員教育に生かしてみたい 
・物事を教える時、指示する時の心得として、目的を必ず理解してもらうようにする。必ず聞いてしゃべらせる事。
・上司として品格を持つ
・コミュニケーションギャップを理解しながら指導を行うよう心掛ける
・自己重要感を人に与える事に重点を置き行動する


┌───────────────────┐
   ビジネスモデルについて           
└───────────────────┘

◆気付いたこと
・自社のビジネスモデルの認識の甘さ、全社員(P・A含む)への共有が全然出来ていなかった
・社員が頑張ればお店が良くなるのではなく、全従業員が一丸とならなくては会社も人も成長出来ないという事
・ターゲット客層が絞れていない、商品としての価値を伝えきれていない
・経営者として、自分がまず何をするべきか明確になりました

◆すぐ取り組むこと
・ピークタイム、繁忙期に出来ていない事をしっかりチェックする
・優先順位をつけてアイドルタイムに練習する
・自分たちが何で選ばれているか、会社に戻って皆で考えます
・店のQHACがターゲット客層に合っているか、再度検証してみます 
・他社に負けない感動レベルの取組を考え、行動する


┌───────────────────┐
  マーケティングについて          
└───────────────────┘

◆気付いたこと
・マーケットが縮小するという事は漠然と感じていましたが、実感となりました
・マーケティングの理論が理解出来ました

◆すぐ取り組むこと
・マーケティング絞り込みと販促年間計画立て
・昨年対比が下回っている原因追及
・実情の把握と固定客を逃がさない為の販促計画の確認
・やみくもに手を打つのではなく、何故やるのかを踏まえ5つの段階で戦略的に手を打っていく


┌───────────────────┐
   研修を受けての感想           
└───────────────────┘

・能力の5ステップや習慣化させる為のやり方は、非常に自分のこれからのためになると感じました
・上に立つ者としての心構えについて知る事が出来、実践して行きたいと思います
・今やらなければならない事、どうやってやるかの指針が立ったセミナーでした


━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    マーケティング実践制作セミナーを受講して気付いた事 
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・売れるには理論とルールがあるという事
・ラフの大切さに気付きました。ラフが出来ても、その通りにはいかないので何度も見直す事が大切
・マーケティングの流れに沿って、ターゲットに向けた売れるチラシが作れるよう挑戦していくことが必要だと感じます
・計画の大切さ。計画の段階で、どこまでゴールのイメージが出来ているかで結果の良し悪しが決まると感じました
・誰に何を、どう伝えたいのか、という事をハッキリさせる大切さを学びました
・「成長の三要素セミナー ビジネスモデル・マーケティング編」と「マーケティング実践制作セミナー編」のどちらも出た事で、より理解が深まりました 
・普段、何気なくやっている事でも、やはり理論がある事。ただやみくもにやらず、捉え方、伝え方を考えなくてはいけないと感じました
・何を伝えたいか、しっかりと考えを持っていないと誰であれ伝わらないし売れないという事

マーケセミナー01.JPG

マーケセミナー02.JPG


┌───────────────────┐
   研修を受けての感想           
└───────────────────┘

・すごくメリハリのある内容で、理解がしやすかったです
・売上を上げる為に必要な事、理由を学びました。店舗に戻ってからしっかり取組、習慣化させたいと思います
・理論が分かった上で実際にチラシが作れた事で、今後に活かせそうです 
・作成して気付いた事が沢山あり、勉強になりました
・自分自身の理解を深め、社員、P/Aに伝える事こそが一番の課題だと感じています
・本当に伝えたい事は、シンプルかつインパクトを持って見やすくしなくてはならない事を学びました
<今後もっと詳しく聞いてみたい事柄、等>
・同じ店でも場所によって戦略が違うと思います。その土地にあった戦略を具体的に伺いたい
・「計画」の重要性、知識(POP・ポスター・チラシ・黒板)
・キャプチャーについて
  1  2  3  4  

セミナーレポートトップへ戻る

最新レポート

カテゴリー

開催年月

マーケット縮小の時代でも社員の知恵を思い切り活用すればまだまだ伸びる! 近藤浩三の書籍紹介

最新情報


成長支援グループ セミナー情報総合サイト on Facebook

人気セミナーランキング

URL NOT FOUND

近藤浩三のブログ
このページの先頭へ戻る