セミナーレポート


2017.03.21
第6期 増収増益実践勉強会(グループコンサルティング) 第5講レポート

3月10日(金)は第6期 増収増益実践勉強会の5回目の講義でした。

増収増益実践勉強会とは、1年間(全10回)で近藤浩三より、組織づくり・ビジネスモデルの構築・マーケティング手法における具体的な実践方法をお伝えしているセミナーです。1期生の御殿場開催から始まり、現在では6期生まで実施しております。

目的は「成長の三要素経営で自律し、増収増益の継続企業になる」
出口は「人が育ち人が集まる会社になる」として実施しております。

様々な会社が合同で実施するため「うちの会社はこういうところがまだ足りていないな」「うちの会社はこういうところは強いな」等、他社の取組みを見てたくさんの気付きを得ることが出来ます。

第5講の内容は、「ビジネスモデル・マーケティング」です。
まずは前回までの講義でお伝えしていた「ものの見方・考え方」と「道徳心」について今までの取組内容を発表頂きました。

写真1.jpg
みんなの前で自身の取組内容を説明することで、具体的に考える力、伝える力が身に付きます。人前で発表したことで、わかっているつもりになっている事など様々な気付きを得られておりました。


その後、経営理念を発表頂きました。
写真2a.jpg
第2講から第4講までの講義で再構築した経営理念を、経営者の方に改めて皆さんの前で発表して頂きました。

午後からはBtoB、BtoCビジネスに分かれてビジネスモデル・マーケティングの講義をしました。

BtoBではビジネスモデルを中心にお伝えし、成長の三要素における基本的なビジネスモデルの正しい知識を理解して頂きました。

写真3.jpg

「マーケットはどこなのか?」「ターゲットは誰なのか?」「何をもって選ばれるているのか?」というビジネスモデルにおいての基本的な知識を学びました。
また自社のQSB(クオリティ・サービス・ブランド)を考え、各社分かれてビジネスモデルシート作成のディスカッションを行ないました。
ビジネスモデルは理想で作成するのではなく「今のお客様から自社のビジネスモデルを明確化する」ように作成頂きました。
各社、経営者と経営幹部が様々な知恵を出し合いながら作成しておりました。ビジネスモデルはみんなが理解し、そこに知恵を集めることでより会社が伸びていきます。

BtoCでは、BtoB同様、ビジネスモデルの正しい知識に関する講義を受けた後に、個人個人で自社のQSAC(クオリティ・サービス・アトモスフィア・クレンリネス)を考えていただきました。その考えを会社ごとに持ち寄って、自社のビジネスモデルについてディスカッションを行いました。
マーケティングに関しては、お客様に来ていただくための年間販促計画、3ヶ月先の企画とみんなを巻き込んで取り組むための組立書の作成を実践しました。

次回、4月14日(金)の6回目の講義で、完成した課題を発表していただきます。


■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■


    感想・気づき    


■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■


◆近藤先生のようにしっかりと繰り返し何度も話すことの大切さを強く感じました。(コンサルティング業/東京都)

◆自分だけではわかっているつもりになりがちなので、人前でアウトプットをすることで明確になり、理解が深まりました。(小売業/東京都)

◆「気付く⇒考える⇒行動する」の問題解決型プロセスがデザインするプロセスと同じでした。(広告業/東京都)

◆他社の発表を聞いて、まだまだ自分自身が行動していないなと感じました。(広告業/東京都)

◆マーケットとターゲットの説明が非常にわかりやすく、面白かったです。絶対安く受けない。現場力を上げ、他社に負けないサービスを提供します。(運輸業/東京都)

◆この研修で考える力が養われていることで、「価格を含めた商品力」「人が行なうサービス」「ブランド力・実績」について、社員それぞれがそれなりに現状も分析・把握できている。(広告業/東京都)



セミナーレポートトップへ戻る

最新レポート

カテゴリー

開催年月

マーケット縮小の時代でも社員の知恵を思い切り活用すればまだまだ伸びる! 近藤浩三の書籍紹介

最新情報


成長支援グループ セミナー情報総合サイト on Facebook

人気セミナーランキング

URL NOT FOUND

近藤浩三のブログ
このページの先頭へ戻る