• ホーム
  • 書籍一覧
  • 『はっきり言う!人が育てられなくてリーダーといえるか!』


書籍


『はっきり言う!人が育てられなくてリーダーといえるか!』
経営者向け
リーダー向け


『はっきり言う!人が育てられなくてリーダーといえるか!』

著者:近藤浩三  定価:¥1,500+税

人間が人間たるゆえんは「知恵」にあり、この資源たる「知恵」には限界がない!しかし、多くの企業は元々持っている社員の「知恵力」の1割も活用していない。

潜在している社員の知恵を会社がどう顕在化し、「社員力」として伸ばし、活用していくかの方法を説く!

書籍詳細
『はっきり言う!社長、絶対に黒字経営です。』の続編でもあり、

「みんなの知恵」によって黒字経営を実現するための第1アプローチ、

社員を経営者やリーダーが本気で育て、

そのことによって社員の本気を引き出す道を示した。

マーケット縮小時代には、社員が本来持っている力を組織の力で(人と人との関係の中で)

掘り起し、一つの方向に集中させていくこと(ベクトル合わせ)が必要。

「部下に無関心」「部下を認めない」「部下への不満を口にする」

こんな上司のもとで、部下は育たず、組織を作ることはできない。

上に立つ者として、人心をつかんで動かす具体的な方法、

みんなが前向きになる職場の作り方

必ず成長する会社の作り方を、600社以上を黒字に導いた著者が、自らの体験を持って具体的に示す。
目次
第1章 赤字会社は社員の人間力を活かしていない

    ①人に関心がある会社・ない会社

    ②社員の知恵に無関心な会社・重視する会社

第2章 上に立つ者は「人の心根」を知りなさい!

    ①部下を一人の人間として尊重できるか・できないか

    ②立場で動かすのではなく、人心をつかんでうごかそう

第3章 みんなが前向きになる職場のつくり方

    ①理念とビジョンのある職場をつくる

    ②連帯感に満ちた空気を育んでいく

第4章 「言葉」一つで会社は変わっていく

    ①「感謝」と「尊敬」の言葉で職場を満たそう

    ②しっかり自覚しておきたい言葉の怖さ、大切さ

第5章 伝えて、教えて、育てれば、会社は必ず「成長」する

    ①伝えて、教えて、共に育つ職場で強力な成長エネルギーを!

    ②「とことん」&「ほめる」文化で会社は大きく変わる

書籍トップへ戻る

マーケット縮小の時代でも社員の知恵を思い切り活用すればまだまだ伸びる! 近藤浩三の書籍紹介

最新情報


成長支援グループ セミナー情報総合サイト on Facebook

近藤浩三のブログ
このページの先頭へ戻る